オーダーカーテンの採寸の仕方

オーダーカーテンを注文する時には、窓のサイズに合わせて採寸して注文をしなければなりません。どこを基準として測るかと言うと、カーテンレールを基準とします。もしついていなければ、窓枠の大きさを基に計測すると良いでしょう。そして、長さは自分が希望する丈を指定します。窓が出入り口になっているような場合は、レールから床までの距離を測ればよいですし、高い位置にある場合は、全体を覆う長さにすると良いでしょう。

ネットで注文を受け付けている業者であれば、わかりやすいように採寸の仕方を図解しています。京都で注文を検討している人も、見ておくと、サイズが合わないという失敗をしなくて済みます。

京都でカーテンを探すなら「カーテン 京都」で検索。

こだわりたい小窓カーテン

リビングの掃き出し窓に比べると、面積が小さい小窓ですが、やはり外からの視線が気になる事もあるかと思いますので、必要に応じてカーテンを設置する様にしたいですね。小窓の周辺には自分のお気に入りの物をデコレーションするなど窓辺の環境にこだわりを持っている人もいるみたいですね。

素敵な窓辺にしたいなら、ぜひカーテンにもこだわりたいですね。小窓はいろんなサイズがありますので、カーテンを買う時には、ピッタリの物を買う様にしたいですね。カーテンのサイズをいい加減に考えてしまうと、失敗の原因となってしまう事も考えられます。オーダーするなら特に正確にしたいですね。カーテンで小窓をもっと素敵にしたいですね。

大阪でカーテンを探すなら「カーテン 大阪」で検索。

ランナーとカーテンの取付け

これまでにカーテンの取付けを行った事がある人であれば、ランナーが余ってしまったという事を経験した事があるという人も多いと思います。

カーテンの取付けにおけるランナーは、取り外す事もできるそうです。そのため、カーテンの取付けを行う際に、余った物については、取り外して別途保管しておくのもいいでしょう。

しかしながら、カーテンの取付けを行う際に、ランナーのみを他の場所に保管しておくと紛失してしまったり、保管している事を忘れてしまう事もあります。

カーテンの取付けの際には、ランナーの数を調整するのではなく、そのまま使用している人も実際には多い様です。使いやすい様に対応しましょう。

関連